ハマボウと鶴路山

2019年7月20日、三重県南伊勢町のハマボウの群生地で花見をした後、鶴路山を歩いて来ました。梅雨空の合間の歩きは汗だくになりました、頂上からは景色が何とか見れて良かったです。山の印象は低山ですが水が豊富です、何よりカニが多いのにビックリ、頂上でも見掛かました。
汗だくで下山した時に見たハマボウ、夏の暑さと黄色い花が良く似合うような気がしました。

コース:内瀬側の登山口(駐車地)➞尾根分岐➞鶴路山(292㍍)➞西峰➞斉田方向の分岐➞斉田廃棄物処理場(川沿いコース)➞内瀬大橋➞内瀬側の登山口
山の活動時間:4時間10分
メンバー:単独

今回のお気に入り写真:ハマボウの黄色い花
ハマボウが1,000株以上群生しマングローブとなっている伊勢路川河口(度会郡南伊勢町内瀬)
学名ハイビスカス・ハマボウ(Hibiscus hamabo)アオイ科フヨウ属。花はハイビスカスに似た形状で淡黄色、中心部は暗赤色、直径5~8センチ。朝開いて夕方に咲き終わる一日花で日本原産のハイビスカス。三重県のレッドデータブック・絶滅危惧(きぐ)II類(絶滅の危険が増大している種)に指定されている。
P1080758.JPG

内瀬側の登山口の空地に駐車 案内プレートが目印です。
P1080762.JPG

沢が滝になっています、水が豊富、滝に沿って登って行きます。
P1080765.JPG

カニが非常に多い、山を歩いても、沢沿い、川沿いどこにでもいます。
P1080766.JPG

P1080763.JPG

登山風景、ジャングルにいるみたい、湿度が高く汗が吹き出る。
P1080768.JPG

頂上からは五カ所湾の景色が見えます。
P1080770.JPG

尖った山は局ヶ頂が見えました。
P1080773.JPG

西峰からの景色
P1080774.JPG


ハマボウの花

P1080760.JPGP1080761.JPGP1080759.JPGP1080757.JPGP1080755.JPG




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月21日 21:56
ハマボウの花綺麗ですね。こんなにたくさん咲いているんですね。
ψ(`∇´)ψナイス!(^_-)-☆ ♪カワ(・∀・)イイ!!(*‘∀‘)
一歩
2019年07月22日 22:28
ekoさん、こんばんは!
ハマボウの黄色い花は夏の花、この一帯だけがマングローブの林、南の国に行った気分になりました(^^)v良かったですョ。