焼岳

10月13日、焼岳のベストシーズンの紅葉が見たくて歩いてきました。登山道を進み広場付近に出ると焼岳の岩の褐色、青い空、ダケカンバの黄葉、ナナカマドの赤、笹の緑、白樺の白、自然が作り出す見事な景色です。稜線に出ると池が見え、火口壁の岩の間に笠ヶ岳が見えるこれもなかなかいい眺め。頂上(北峰)からは雲一つなく360度の見事な景色・・・絶景を見ることができました。

コース:新中の湯ルート 登山口⇔広場⇔稜線⇔頂上(2444㍍)  コースタイム:7時間(休憩含)
メンバー:K氏、一歩

地図


広場から見えた焼岳
画像



登山口
 車で4時半到着するが10号カーブ付近の駐車場及び近くのカーブは満車、二つ上のカーブに空きスペース駐車する。星がきれいに見える、しかし寒いブル。5時30分少し明るくなり登山開始。
画像


登山道の樹木林に日が射す。
画像


広場から見えた焼岳
画像


画像


画像

穂高が見てきました!!
画像

登るにつれ焼岳の噴煙が大きくなります。
画像


振り返ると乗鞍岳が大きく綺麗に見えます、ほんまに間近です。
画像


噴気口が近くなりました
画像


稜線
火口壁の岩の間に笠ヶ岳、これもええ眺め
画像


火口にできた火口池を覗き込む
画像


噴気口 この一帯をよく見るといたる所から噴気している、地面も暖かい、硫黄の匂いがキツイ。焼岳は活火山!噴気口を眺めていると、大げさですが地球の息吹を感じることができました。
画像


噴気口を覗き込む、蒸気で一瞬目が見えない!!良い子は真似しないように。
画像


頂上手前の噴気口
画像


頂上
頂上から噴煙を見る、バックは乗鞍岳
画像


眼下には上高地が良く見えます。
画像


頂上は360度のパノラマ
穂高連峰、笠ヶ岳が一望、西穂のロープウェイが動いてるのも確認できました。
画像


画像


今回であった花(実)
シラタマノキ 非常に多く見かけました、食べれるとか、次回は見たら食べます。
画像


イワハゼの実? これも食べられるとか。
画像


帰りの温泉
ひらゆの森 前から一度行きたいと思っていた温泉施設、入浴料は500円。
泉質:(1)含硫黄−カルシウム・ナトリウム・マグネシウム−炭酸水素塩・塩化物温泉
    (2)含硫黄−ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩・塩化物温泉
泉温:(1)58.2℃ (2)64.3℃
pH値:(1)6.6 (2)6.5

内湯が1つ露天風呂7つ お湯はサラサラして硫黄の匂いがします、湯の花がお湯の中を舞っています。全体に少しぬるめで気持ち良い、解放感があり、緑も多くてよかったです露天風呂散歩が楽しめます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック