東北の旅(温泉)

5月連休の東北の旅(温泉)
前回訪れた時は足を負傷して温泉に入れませんでした今回はリベンジできました

・道の駅象潟の展望温泉、4階の湯船から眺望できます、眺め最高!夕暮れの日本海はいいですネ。
泉質はナトリウム、温度41度、強塩化物で少しぬるめがあり色は茶褐色、なめたら塩っぱい苦い味がした。

・黄金崎不老不死温泉、やっと入れました温泉好きなら一度は行きたい温泉、日本海が目の前に広がる、海岸と一体化した、絶景の露天風呂ですパイプからゴボゴボ自噴これもいい、あいにくの雨模様、脱いだ服は濡れ濡れ・・・まっしゃあないか、それにしても人が多い・・・・泉質 含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉 、温度49度これもなめたら塩っぱい苦い、いつかまたお天気のいい日にのんびり浸かりたい温泉でした。


・浅虫温泉共同浴場松の湯、浅虫温泉はよく知られてますので今回楽しみの一つ、見た瞬間これはいい温泉と直感する!タイル張りの清潔感のあるこじんまりした温泉入ると少し熱め、やっぱりいい温泉!!!湯が柔らかい、単純温泉ですが泉質がいいのか、注ぎ口の御影石には真っ白な温泉成分がついてます、無味無臭のはずが一歩にはほんの少し塩の味がしました。番台のおっちゃんとも青森の話ができいいひと時を過ごせました。泉質 単純温泉 温度56度源泉かけ流し

・酸ケ湯温泉、いつかは絶対に入りたいと思っていた温泉で浅虫温泉から直行する。青森市内から八甲田山を目指す、道路が整備され40分と以外に近い、周りは残雪が多いのと見事なブナ林、秘湯、混浴、湯治場のイメージは少し薄れた。まず目についたのは辰五郎清水、おいしい水うまい!!浴室はヒバ千人風呂(混浴)湯治場の歴史を感じさせる木の浴槽(朽ちかけた様な木)非常に風情があります、打たせ湯もいい感じ。人が多い芋の子を洗う様な人の多さである、男ばっかり(混浴の湯船は男女区別のすみ分けがある、違反者は湯守番のおっちゃんに注意される)凄い混みようです、空き空きの女性の湯船には若い女性が数人入ってました、一歩さんの視線も静かに向けていたのは事実です(ニコニコ)残してほしいや混浴風呂。舐めるとすっぱいのと苦い・・・歯が溶けそうな濃い酸性。玉の湯(男女別)にも入れました、又来るで~今度は静かにのんびり入りたい温泉です。
泉質 酸性(含二酸化炭素・鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩化物泉(硫化水素型)(低張性酸性高温泉) 温度 52度 源泉かけ流し

・道の駅上品の郷 ふたご温泉
茶色に濁った湯は、とても加熱した冷鉱泉とは思わせない気持ち良い温泉になっています。データで見ると冷鉱泉ですが、かなり良い温泉です。施設も新しく清潔感がありました、なめたら塩辛く鉄臭がします。泉質 鉱泉含鉄・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 温度16.度
道の駅の食事はバイキングできます、夜1300円でした。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック